2007年08月09日

いよいよ明日公開!

いよいよ明日公開になる”オーシャンズ13”
11、12と続いてまさか13も出来るとは全く思っていなかったのですが
ジョージクルーニーが来日した時に話した13の経緯を聞いて納得しました。

『オーシャンズ12の評判があまり芳しくなかったのでこのまま終わりたくないから13を作った』
っと言うコメント!

確かに11はものすごく面白かったのに12はもう一つだった事は
私も同感・・・・

なのでジョージクルーニーとしても代表作の一つでもあるオーシャンズシリーズを面白い映画として残しておきたかった気持ちは
十分解る気がしました。

そこでオーシャンズ13公開を前にもう一回おさらい・・・・

オーシャンズ11〜12の簡単なあらすじ

<オーシャンズ11>
保釈中のカリスマ窃盗犯ダニー・オーシャンは刑務所暮らしの4年間にとてつもない犯罪計画を練り上げていた。それは、ラスベガスの3大カジノの現金がすべて集まる巨大金庫から、厳重な警戒とセキュリティシステムを破って現金を盗み出すというもの。その額なんと1億6000万ドル! オーシャンは旧友のラスティに話を持ちかけ、この計画の遂行に不可欠な各分野のスペシャリストのスカウトを始める。やがて、11人の選りすぐりの犯罪ドリーム・チームが誕生した。こうして11人のプロによる、ミスの許されない秒刻みの史上最大の強奪作戦が始まった……。

<オーシャンズ12>
ラスヴェガスのカジノから1億6000万ドルが盗まれて3年。カジノのオーナー、ベネディクトは事件がオーシャン一味の仕業によるものと知る。事件後、盗んだ金を山分けし、それぞれ犯罪から足を洗い、まっとうな人生を歩もうとしていたオーシャンとその仲間たち。ところが復讐を誓うベネディクトは彼らの居所を突き止め、一人ひとり訪ねて回り2週間以内に利子を付けて返済するよう脅迫するのだった。追い詰められたオーシャンたちは再び集結し対策を練る。結局彼らは返済のために再び大きなヤマに挑むべく、アムステルダムへと向かう…。

『11と12をもう一度見直して劇場に行って見ると10倍楽しく見れるカも・・・・』


posted by カエデママ at 07:18| アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年07月31日

ポセイドン

最近毎日のように寝る前に映画を見ていて今回はポセイドンを見ました。
題名だけ聞くと私の想像はSF映画だったのですが全然違いました。わーい(嬉しい顔)

あらすじ:

大晦日の夜。北大西洋を航行中の豪華客船“ポセイドン号”が巨大な波の直撃を受け転覆、船底を上に向けて完全にひっくり返ってしまう。僅かに残った数百名の生存者に対し、救助が来るまでその場に止まるよう命じる船長。しかしギャンブラーのディラン、前NY市長のロバートはじめ数名は、船長の命令を無視して、自力で脱出すべく行動を開始するのだった…。

感 想:

船が沈む映画として有名な『タイタニック』とは違いストーリーすべてが沈む船の中での逃げ惑うシーンばかりですが幾つもの危機を乗り越えながら進んで行く映像は迫力もあり見ごたえのある映画だと思いました。




posted by カエデママ at 07:37| アクション | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
キーワードアドバイスツールプラス Powered by SEO対策
サイトマップラス Powered by SEO対策

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。